岐阜県高山で結婚式場を見つける!※口コミ・体験談もあり

男目線で考える!気概あふれる結婚式場で伴侶の心を射止める

結婚式と言えばロマンだ。ひょっとしたら女性は経済面に優しい考え方をしてくれるかもしれないが、むしろそうであればこそ男はロマンを求めたい。夢?現実?そんなものに境界線など在りはしない。力みなぎる男たちにとってロマンは生涯の宝だ。

とは言え、あくまでも押し付けるだけで喜んでくれないような独りよがりのロマンは避けたいし、ロマンの有り様など人の数より多く多様にあってそもそもロマンとは何なのだという話にもなる。そこで、まずは「どんなロマンをどのようにして抱くのか」ということをしっかり考えて、これからのパートナーのことを思いやったロマンを抱こう。

最初に意識しておきたいのは、夢を諦めてしまう女性も多いということ。女性は身体の構造上なにかと活動面で男性より不都合も多く身体的な気苦労が多い。そんな生まれ持った性質のため、成長と共にきっぱりとしてくる女性も多いだろう。それでも大抵の女性は現実性を意識しながらも、出来ることを時には出来る以上に精一杯やってきている。

ここで、一つだけ決して認識を誤ってはいけないことがある。それは、女性は夢を持つこと自体を捨ててしまっているわけではないということ。その上で、叶えられるはずの夢さえも叶わぬ夢として諦めてしまうことがある。つまり、ロマンを抱くこと自体は男だけの特権ではないということだ。あくまでも、男に求められているのは、ロマンの実現を諦めない根性だ。

さて、力みなぎる男なら、それを踏まえた上でどう動くべきなのか。

まずは、結婚式に抱くロマンを現実性を抜いて思う存分に二人だけで語り合ってみると良いだろう。想像だけで楽しく考えてみる程度に気軽く語り合うところから始めて、「叶うはずもないよね」と言うまで待つくらいに想いを引き出そう。お酒を入れても内容をしっかり覚えていられるようにしたい。

そうして叶うはずもないと思ってしまうような夢を引き出せたなら、ようやく儚い姫君のための男のロマンが見えてくる。

もしも彼女が「どんな結婚式でも良い」と本気で思っているようであれば、その時は彼女の性格を十分に考査した上で、こちら側から創意工夫をして手間をかけて理想的な式場をイメージしてあげると良いだろう。

中には「絶対に諦めたくない」という強気な女性も居ると思う。それもまた儚い。しっかり意見を汲み取ってあげて、実現の手立てを考えていきましょう。

ただし、そうして女性の意志を尊重しながらも、自身固有の意志も確認しておこう。あくまでも結婚式は男女二人の意志が問われるもので、両者どちらかに不服があることは理想的ではない。やりたくないことがあれば話しておくと良い。自分としてやりたいことがある男性も、積極的にその実現に向かって良い。

そうして「お互い」を最大限に意識してこそ、ようやく二人だけの至高のロマンというものが見えてくるはずだ。そうした情熱は、しかと参列者にも伝わるはずであり、それを理解してもらえない人が居るとすればいっそ呼ばないのも手だ。だがむしろどんな堅物でも感心するような結婚式を目指したい。それくらい本気になろう。

理想が高ければ高いほど、実現には本当に手間も時間もコストもかかるだろう。前向きな発言をしたが、実現不可能な夢はある。火星で結婚式を挙げたいと言っても今の時代ではとても難しいだろう。だが、その気持ちを汲み取った上で出来るだけその雰囲気に近く実現が可能な夢を考えることは出来る。

離婚だとか不倫だとか何だとか、後ろ向きな発言ばかりが目立つこのご時世。不安も多いかもしれない。なに、そんなことは気にするな。真剣に愛し合える者との未来に間違いなど断じてありはしない。

そもそも何故?結婚式に結婚式場が必要な理由

本来誰にとっても式で最も重要となるのはそれに伴うべき本質です。だからこそ一生にそうそう二度もない結婚式ではより今一度真剣に考えながらベストな結婚式場を選び、独自にプランを練って強く要望すれば、特別で意味のある結婚式は叶います。

0

お金をかけなくても一生素敵な式を実現させる結婚式場の選び方

「何が素敵なのか」そのことを考え直してもみれば、そうして新しく見つけた素敵な案は必ずしもお金がかかるものとは限りません。真剣に二人で話し合って出来る限りを尽くした結婚式に、素敵でないものなどありはしないのです。そう思えば、式場選びも苦にならないはずです。

0

結婚式場に後悔を残さないために今からやっておきたいこと

出来ると信じて力を出し切ることが後悔しないための秘訣。可能な限り多くのことを知っておくことが最初に出来ること。結婚式を考えるなら、まず典型的なものと独自的なものがあるということを知っておきたい。後々お金に困らないように資産形成をしっかりすることも当然必要です。

0

結婚式場で気をつけたい最低限のマナーと最大限の心配り

結婚式では、マナーと心配りはどちらも必要なものです。その上で、マナーだけでは覆いきれない部分があることを認識し、心配りとしてより広い観点で他者を思いやることがこれから必要になってくる新しいマナーです。

0